読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sugar, spice and everything nice.

強くてかわいい正義の味方。みんなのアイドル、中島健人!

カレンダーについて本気出して考えてみた

収納

カード型はバラバラになるし、壁掛けだと大きすぎるし、毎年どんな大きさでも一度見た後は箱に戻してしまうスクールカレンダー。いつでも見られるように、本気出して考えてみました!意外になくはないんだと気がついた!

2016


まずは今年のカレンダー。上部の点線でバラして、B3サイズのファイルに入れました。カレンダーは13枚、ファイルは1冊が10ポケットです。2冊買いましたが、なんとか1冊に収めました。

余ったB3ファイルにはCDの特典ポスターを。

2015


去年のカレンダーは無印のA5バインダーに。24枚ありました。

2014


2014年はA2サイズのファイルに。B3ファイルと同じく1冊が10ポケット。カレンダーは13枚なので、こちらも2冊買いましたが1冊で収めました。

2013



2013年のカレンダーは、写真の2L判なのかな。16枚あります。JWのステフォと比較すると、横幅が2mmくらい大きく、縦が1cmほど小さいです。ずいぶん余裕がありますが、2015年のカレンダーと同じくA5ファイルに入れました。

2012


2012年のカレンダーはB5。表紙やプロフィールページなど全部で28枚ありました。無印のB5バインダーとリフィルに収納。

これでいつでも簡単にカレンダーを見返すことができるし、どんなサイズのカレンダーが発売されても何とかなる気がします!お疲れ様でした!

金沢

遠征

今年最初の遠征は、ファンミーティングで金沢に行ってきました。以下、ただの旅の記録です。


金沢「金沢に来るなら、春か夏か秋か冬がいいと思います。」
わたし「ぉおん…」


東口の鼓門を楽しみにしていたのですが、実ははじめ西口に出てしまって!陶板レリーフ「百花繚乱」、思いがけずきれいでした。

観光案内所の前で金箔入りの加賀棒茶をふるまっていたり、至るところで観光へのやる気を感じる金沢!

バスもタクシーもかなり並んでいたので、東口から信号を渡ってすぐの誰もいないタクシー乗り場に移動して、ファンミーティングの会場「本多の森ホール」へ。車内にもひゃくまんさん!


ホール周辺には観光名所や文化施設が集中しているので、集合時間までぶらぶらすることに。通りかかった赤レンガのすてきな建物は、石川県立歴史博物館。




日本三名園のひとつ「兼六園」!この日予報は雨だったのですが、みぞれが降ったり急に晴れたり、コロコロかわる空模様。

「元祖兼六だんご」は素朴なお味でした。
文化財指定庭園 特別名勝 兼六園

ファンミーティングの後は、ずっと行ってみたかった金沢21世紀美術館へ。

撮影は、私的使用目的に限り可能です。
私的使用目的とは、個人的に、または家庭内、その他これに準ずる限られた範囲内における使用を目的とした場合に限定されます。

というわけで写真は載せられないなあと思っていましたが、改めてカメラロールを見てみたら元々数枚しか撮っていませんでした。見て感じる場所だものね。

帰りは、「まちバス」に乗って金沢駅へ!土日祝日のみの運行で、100円で乗れるのです。駅から本多の森ホールへ、行きに使ったタクシーは1300円くらいだったので、とってもお得!

井上有一さんの展示を思いのほか真剣に見過ぎた(かっこいい立ち方の健人くんみたいな「貧」の字があった)こともあって時間がなく、慌ただしくお土産を買って新幹線に飛び乗りました。せめてゆっくりごはんを食べたかった…。

さよなら、金沢。


お土産、まずは不室屋さんの宝の麩!このかわいいふやきの中に具が入っていて、お湯をかけるとお味噌汁やおすましになるのです!



そして、鼓型の最中がかわいいうら田さんのおしるこ。これも、お湯をかけて食べます。季節限定だったみたいで!嬉しい!


烏鶏庵さんの、烏骨鶏かすていら。しっとりしていて、すごく美味しかった!



あんころもちは、パッケージの隅にひゃくまんさん!「あんころJr」という名前もいいし、何より378円なので買いやすい!

以上は金沢駅にある金沢百番街「あんと」で購入。帰ってきてこの記事を書きながら調べていたら、他にも食べてみたかったなぁと思うものがたくさんありました…。お取り寄せしてしまいそう…。



21世紀美術館のミュージアムショップでは、ペンや鉛筆に柔らかい羽をセットして飛ばすByuunという竹とんぼと、水を入れると膨らむフラワーベースを買いました。かわいい。

今回の遠征にあたって、駅や観光名所にある記念スタンプを押すために、無印良品のパスポートメモ(無地)を準備していました。

パッと見それらしきものがなくても、チケット購入のついでに「スタンプありますか?」と聞くとすぐに気持ちよく出してもらえました!本当にどこにでもある!
2016年も色々なところで色々なものを見たいです!

東京

遠征

JOHNNYS' World、行ってきました!

のんびりしすぎてホテル+新幹線のお得なパックが使えず別々に手配することになってしまったので、今回はじめて「首都圏週末フリー乗車券」なるものを購入してみました。

土日の2日間、フリーエリア内であれば普通列車の普通車自由席が乗り放題になるというもので、これに新幹線の特急券を組み合わせて東京へ!地元の駅はもちろん、都内の細々とした移動まで1枚でまるっと全部カバーできる魔法の切符。たぶんすごくお得でした!

お泊りの荷物は東京駅のロッカーに。ウサギさんのロッカー。かわいい。

1公演目と2公演目の間は、近くのビルのカフェへ。


お友達と感想を言い合いながら、イルミネーションを横目にバタバタと東京駅に向かうのがいつものパターンなので、急いで帰らなくていいのが嬉しかったです。

2日目は観劇の前に、配信されている「色違いのディアンシー」を貰いに行くというおつかいへ。

東京駅のキャラクターストリートにもポケモンストアがあるのですが、池袋に泊まっていたのでサンシャインシティポケモンセンターメガトウキョーへ行ってきました。ポケモンが描かれたTシャツを着こなし、嬉しそうに店内を歩く外国人観光客がほほえましかったー!

東京駅101周年のアートワークがかわいかったー。

お土産は、いつものクッキーのセクサマ健人くんバージョンと、ヒトツブカンロでグミッツェル、リスがかわいい2015年のクリスマス缶を買いました。グミッツェルは外がパリパリの新食感で美味しかったし、缶は旅行のときのアクセサリーケースやピルケースにちょうどいいので、ヒトツブカンロも定番のお店にしたいです!

今年の遠征もこれで最後。泊まりにした分3公演も詰め込んだので、結局ゆっくり食事もできなかったのですが、堪能できました!

東京

遠征

先月になりますが「カラフルEyes」のリリースイベントに行ってきたときの遠征記録です。

東京駅でお友達と合流して、向かったのは浅草!洋食屋さんでオムライスを食べてきました。サイダーを頼んだら美味しそうな瓶で出てきたー!

せっかくなので、通りかかった浅草寺で「賢くなった!」と言い合いながら煙も浴びてきました。

前にSexy Zone CHANNELで浅草観光したときに健人くん・勝利くん・聡くんが立ち寄ったおまんじゅう屋さんは時間がなくて通り過ぎただけ〜!

帰りの新幹線では、念願の松露サンドを!買ってから時間が経っていたのに、美味しかったです。しあわせ。


お土産は恒例のクッキー。手提げに入っていた小分け用の袋に健人くんとセバスーーー!

都度書かなきゃダメですね。忘れてしまう!

20150909 Sexy Zone「Sexy Zone Sexy Power Tour」BD/DVD

中島健人 DVD/Blu-ray

健人くんに偏った感想の走り書きです。

>本編

OP

やっぱりあの鍾乳洞みたいに垂れ下がったあれは、照明の色によって雰囲気が変わってとても良い。鳥が飛んでいたの、全然知らなかったよ。

KQJ

紙吹雪ってなんでこんなにきれいなんだろう。
一瞬のびっくりフェイスがとてもかわいい健人くん。なんだったんだろう。
一分の隙もなく仕上がった姿が精巧なフィギュアのよう。美しいよ健人くん!

セクサマ

ガトゥーマと増田くんに警護されている健人王子〜!(アンダスン恋しい!)
健人くんのダンスのキレっていつも、これが最初で最後の曲みたい。かっこいい。

WGG

美しい、美しいよ健人くん。
TDCでシュパーンシュパーンって口で特効をやる勝利くんと、それに笑う健人くんを観た後だから余計に、広い会場での銀テパーーーーン!演出が今までより素敵なものに映る。(それぞれの良さがあるなぁって)
「僕らがずっと描いてた」で空にハートを描く健人くん。踏みつけてしまいそうなほど長い背中のヒラヒラを翻して踊る姿がまぶしい。
最後のフェイクの部分に「横アリ〜」とアドリブを入れてくるゴキゲンさんがかわいい〜!こういうところでさり気なく歌うまなところ、とてもよい。

セクパワ3

シャツバーーーーーン!な中島健人力をたっぷり愛す!
ものすごく久しぶりに見た「ふまけん」かもしれない。まだ生きてた。対になっているものに惹かれるのは人間の性だよなあ。っょぃ。

まだ見ぬ景色

このSexy Zoneっょぃ……っていう流れの後にセクシー王国を統べる勝利様。鍾乳洞の禍々しい赤。説得力がすごい。すべてを焼き払っていまここに国を作り王になったくらいの説得力。この人が王。クイーンなんかじゃない、この人が、ジャニーズ帝国の王だ…。背中の伊勢海老…。

ディアハイ

意図的に繰り出すとぼけた顔のかわいいさよ…。人の望みの喜びよ…。素肌にペラペラのシャツを着る意味…とりあえずどうもありがとう。
せっかく拭いて出てきたのに汗だくになって歌う姿が、ほんとうに美しい。魂の輝き。ライトの強い光で一瞬見えなくなるところとか、ガラスの靴越しの姿だとか、印象的なカットがいくつもあった。

桜咲くColor

懇願するみたいに歌っていたのが一変して、桜色の陽の空気を纏って歌いはじめるのがたまらない!君は春を待っていたんだね!
ライトがバクステから桜色になってメインステに大きな桜の木があらわれて、横アリが一瞬にして美しい春になるのがとてもよい!
そして、キーボードをパーーーーーンと弾いてマイクを掴むまでの一連の流れが、もう本当に素晴らしい!アイドルの真骨頂!最高の最高!
羽織ったロングジャケットを翻す、横浜アリーナに舞い降りたプリマヴェーラよ!
美しかないSexy Zoneロイヤルチームの、息の合ったダンス!!!!!!3つの国の王子様が集まったドリームチーム感がやばい!!!!!っょぃ!Sexy Zoneっょぃ!このSexy Zoneすごくっょぃ!

snow&star

(増田くんがガウンを着ているようしか見えなくて、高層ホテルの夜景の見える部屋っぽさがやばい!)
すべての深いVネックは健人くんのために生まれたんだなあ。汗で光る胸元、張り付いた前髪、キラキラ舞う紙吹雪、伏せた目、ライトに照らされる横顔。美しさのかたまり。

ネバギバ

こんなに憎まれた曲はないってくらいに憎まれた曲だけど、健人くんがこの曲を蔑ろにしたことはなかったなあと、改めて。
こんなにあの謎の電飾の部分を触っていると思わなかった!バイクのハンドルみたいにブンブンしてた!BKBヒーァ!

ヒトメボレ

聡くんとマリウスくんのヒトメボレかっこいい…。
こんな、こんな熱量で「好きなんだよマジで」って言える人いる?ただ大きい声を出してるんじゃなく、情熱をのせてこんな風に一つのセリフを言える人いる?????かっこいいんだよ、マジで!

BAD BOYS

お前がいれば怖いものなんてない… フクザツすぎる……背中合わせ……めっちゃはやく走る……寝転がる……。
健人くんは別に十分輝いてるけど、風磨くんが同じ熱量で隣にいてくれたとしたら、もっと強くなれるのかな怖いものなんてなくなるのかなってめちゃくちゃに切ない、フクザツ、つらい。
でも、今回のこの3人の熱量を見てはじめて、BAD BOYSで伝わってくるものがあったよ。勝ち残ろうぜ、命燃やせ。はぁ。

Black Cinderella

ツンとして生意気なブラックシンデレラちゃん…。どう見てもブラックシンデレラちゃん。だってわたしは、12時までのイケナイお姫様とちゃっかりベッドでお楽しみな軽薄な健人くんを見るはずだったんだ!
シャツにネクタイにロングジャケットにぴたぴたの革のパンツにグローブをしてハットまでかぶって、素肌なんてほぼ見えないのがひどい。ひどくエロい。革のパンツの光沢と、小さな膝がひどい。
横浜アリーナの真ん中で時空をねじ曲げる健人くん最高。

マワレ

驚くほど可憐。ハッとするほど可憐。

エビコーナー

_人人人人人人人_
> 突然のABC-Z <
 ̄Y^Y^Y^Y^Y^Y ̄
暗闇で小さく息を整える健人くんが美しい。さっき驚いたばかりなのに、マワレ衣装になってからの可憐さが天井知らず!
風磨くんの腕時計のバンドの色で収録された回が違うことに気付く。

一歩ずつ

健人くんと風磨くんがそれぞれ「一歩ずつ」歩いてきた道が勝利くんに繋がるってとてもいい。降りしきる紙吹雪のなか、ライトに照らされた後ろ姿の美しさ。「どんなときも、スマイルで」の後の、笑顔が何とも言えない。

Sexy Zone

2013年新春の「君とMilkyway」、メインステージ上段でピアノを弾く健人くんに聡くんとマリウスくんが寄り添って(聖母子)、3人を守るように、風磨くんを迎え入れるようにメインステ前方に立つ勝利くんがいて、当時グループからはみ出して見えた風磨くんが揃いの衣装に着替えてバクステからの一本道を自分の足で歩いてメンバー4人と合流するっていう演出がとても好きで。
健人くん風磨くん勝利くんが「一歩ずつ」「険しい道を行こう」と歌った後に5人のはじまりのこの曲で聡くんとマリウスくんの元へ自分たちの足で戻っていくのが、会場で観たときも胸に迫るものがあったけれど、改めてグッときた。

アンコール

完全マイウェイでメインステに集合して「逃げちゃダメだよ今の君だけを信じて諦めないで」と歌ったメンバーが、全員でセンステに向かって駆けていくところが、戦いの途中なのだなぁとグッときた。
セクシーペアレンツ、セクシーチャイルド…とすべてのセクシーに感謝していく健人くん最高ゾーン。
ドキブレでマイクを銃にして360℃撃っていく健人くんスーパーかっこいい。

>Document Movie of Sexy Power Tour

・福岡前日リハ

リハ着の健人くんかわいい…。口の中に飴入ってない…?かわいい…。ツルツルの肘がかわいい…尊い…。
滑り台に登ったときの、太腿、膝のまるみ。てゆか、お尻破れてない?!だいじょうぶ?!?????
リハ終わり、がんばりますって言った後の笑顔の儚さ…。

・福岡

円陣組もうって呼びかける勝利くん。健人くんの声……。
会場で健人くんロックオンで見ていて、終わったあと健人担4人で大人しかったねなんか変だねっていう感想ではあったんだけれど、パフォーマンスには一切調子悪そうなところはなかったし、映像で見てもキレッキレだもんなあ。すごいな、中島健人

・横アリ初日

WGGの煽りの相談をしている仕事人しょりケンティ!かっこいい…。
メインステの全員がリハ着で踊っているのを見ると、ほんとうに、ただの男の子たちなんだよなあって思う。リハの映像だいすき!普通の男の子たちの頂点に立ってリハ着で踊る健人くん最高の最高!
柔軟や筋トレや楽譜の確認してる健人くん!!!!!!これ入れてくれて本当にありがとう!!!!!最高!さいっこう!最高の最高!
そして差し込まれるプリマヴェーラがロングジャケットを靡かせているショット!本当に気が合いますね、ポニキャスタッフ!

・横アリ3日目

イヤホンして私服でダンスの確認している健人くん!もうこれ、編集してくれた方が健人くんのファンなのかな?っていうレベルで、入れてくれてありがとうすぎる瞬間。

・横アリ最終日

公開記者会見。感謝感激衝撃セクシー!マリウスくんの15才のお誕生日にヒューヒューいう健人くん!かわいい!
塚ちゃんをエスコートする健人くん!
円陣で大きな声を出したときの健人くんの顔が、ちっちゃい子みたいで愛しいかわいい。
マックス楽しかった、の手の形!意味が!わからない!

・城ホ初日

髪が短くなっていてかわいい!

・城ホ最終日

私服の、黒のジャケットにリュックの健人くんハチャメチャにかわいい。
終わったあと、明日から学校だと思うと〜って話している健人くんの、赤くなったまあるい鼻先。

・ファイナル名古屋

熱田神宮の、私服のニットっと。何かを感じるが思い出せない健人くんと、厳かってワードをくれる勝利くん。「厳かな雰囲気をまどろみながら勤しんでるなぁ〜」な健人くん。語感で遊ぶの大好きゾーン。
なんだなんだってまだ考えてる健人くんと、とりまきスタッフぉぢの輪!「風情」で沸く健人くんとぉぢ達!かーわーいーいー!
真剣に祈っている横顔の美しさ。このお願い事のくだり、ずーーーーっと健人くんを写してくれていて、撮った人健人くんのこと好きだね?って思ったよ。
おみくじの、こういう盛り上がってるとき静かに参加してる健人くん好きすぎる。めちゃくちゃにかわいくない?!
きしめん、席順はしよおくん健人くんれんれんかな?まだ風情感じてる健人くん〜!
ステージ裏、お顔が完璧に仕上がっている美しすぎる健人くん!
健人くんが熱田神宮でしてきた3つのお願い「みなさんが健康でいられますように」「Sexy Zoneでトップを取ること」「素敵な人に出会えるように」!3つ目の言い方がかわいすぎる健人くん。
終了後「このツアーには色んな思い出があって、目まぐるしく過ぎ去ったようだけどすごい内容がある、そして次に向けてもっと強くならないといけない。周りのものを全部跳ね返さないといけない、そう思えるようになったツアーでしたね。以後、もっと努力して、高みを目指します。ありがとうございました」と、自分を鼓舞するようにツアーファイナルの垂れ幕を叩きながら喋る健人くん。楽しかった〜とかじゃなくて、引き締まった顔になっていたなあ、健人くん。

Sexy Zone A.B.C-Z Summer Paradise in TDC 「Love Ken TV」

中島健人 コンサート

01.Black Cinderella
OP映像から中島健人力が炸裂していて、これ!これだよ!!!!さすが中島健人!!!!!と気持ちがよかったです。
Jr.マンションの手摺を掴んで歌い踊る健人くんが完全に踊り子でありがとうございました。心までは売らない、高潔なストリッパー健人くん。大好き。会場の全員が健人くんを見ているこの状況で更にカメラを持ったJr.たちからパシャパシャ写真を撮られる演出が、倒錯的ですごく色っぽいなと思ったのですが、どうやらあれは、ケンティとケンティガールズがパパラッチされたという意味のようです。(ダラダラ感想を書いているうちに本人から答えが発表されてしまうという体たらく!)

02.CANDY~Can U be my BABY~
早々に愛を叫ぶことができてありがたかった!なぜなら、叫びたくてたまらなかったから!早くラブケンティって言いたかったから!今ここで声が枯れてるのはお前の名前を何回も叫んだからだよケンティ!

03.4Season

髪乱してもっと ときめいて
きらめく笑顔くれないか
何気ないさりげない サインじゃ足んない
かき乱してそっと 謎めいた 理性は捨てて側に来て
今すぐに弾けて
I know 今始まってく予感
You know 胸が高鳴ってく時間
こんなもんじゃないよもっともっと
輝けるはずさ Looking 4 Seasons

余計なことは考えないで俺のことちゃんと見て一人にしないでもっと側に来て、って歌っているみたいで、初日に号泣してしまったポイントでした。

04.summer loving
全編英語詞の曲を歌いこなす健人くんの、すさまじいかっこよさ!ここからの数曲に健人くんが見せたかった色んな顔が詰め込まれているのかなと思うのですが、健人くんしか見ていないのにとにかく目も耳も足りない状態で。もっとちゃんと見たかった…と思っているのでぜひディスク化していただいて、フルで何度も見たいです。

05.真夏の脱獄者
突然の、椎名林檎×中島健人!いつか健人くんに楽曲提供してもらえたら…と思うアーティストはたくさんいますが、先輩の曲で間接的にそういうことが起こり得るとは!!!!!
ステージで、ひとりでたっぷり歌う健人くん、最高の最高でした。

06.ERO

抱きしめて もっと 強く 何もかも忘れてしまいたいから
狂おしく キツく ズルく そんな私 壊して
今夜だけ もっと 強く 何度でも眩暈の中に埋もれて
押し寄せて 高く 果てて そんな私死なせて SO HOT

「何もかも忘れてしまいたいから」「私死なせて」と歌い踊る健人くん…。ハッピーなものも当たり前に似合いますが、こういう湿度の高い恋愛の歌もしっくりくるんですよね。センターステージに寝転び、前方に取り付けられたカメラに向かって歌う姿、凄まじく色っぽかったです。

07.抱いてセニョリータ
狂おしく抱いてくれと歌ったすぐあとにまた「抱いて」ソングを持ってくる健人くん!かわいい!抱く!

08.チラリズム
ケンティの親衛隊と\ヴォイ!ヴォイ!ヴォイ!ヴォイ!ヴォイ!ヴォイ!/\ケンティー!!!!!/するのが楽しすぎました。親衛隊、ピンクの法被にハチマキをしていて欲しかった!「本能と煩悩は我慢できない」健人くんのかわいらしさが大変なことに!特に初日生着替え後Love風のピンクの衣装になってからの本能と煩悩〜は一瞬手が躊躇ったのがわかって!!!!!健人くんプロデュースの「ちょっとエッチなケンティ」最高!

09.Star time

輝きの一つとして僕らは
星たちの下で 歴史を刻む

「ジャニーズというアイドル帝国の一員として、先輩たちのように光り輝くグループになる」という意味に捉えて、ジャニーズである自分に誇りを持っている健人くんにぴったり!これはアツい!と、2013年にものすごくハマって聴いていた時期があったので、震えました。
ペンラ演出を指導してくれる健人くんが「きれいですよ」とか、物腰柔らかに敬語で褒めてくれるのが、わたしに新しいLoveの風を運んできていちいちトキメキました。

LOVE NOTE
これはきっと健人くんが考えたんだろうなと思っていたら、MCで褒めて褒めてと言わんばかりに自分が考えたのだと発表してくれて、かわいかったです。
ラブノート(名前を書かれた人は甘いセリフが言えるようになるノート)の説明を聞きながら、抑えたトーンで「くそったれ」と罵倒する健人くん!わたしの大好きな、えび座の健人市議会議員的な要素を感じるすごく好きな健人くんでした。
普段雑誌などで話す恋愛シチュエーションなどがかなりぶっ飛んでいるので、スイーツ()的な思考なのかなと思いきや、今回のこの寸劇や今までの作詞を見ていると本当に色々な引き出しがあって、薄っぺらじゃない面白い人なんだなぁと改めて。ここからまた洗練されていくんだから、健人くんの才能恐ろしい!天才!

10.LOVE風
メガネに帽子とリュックで「冴えない」設定なのだけれど、はちゃめちゃにかわいい……。モノクロだったモニターの映像がサビで色付いていく演出は、初めて見たたまアリから何度見ても大好きです。健人くんにとっての「恋」は心に花が咲くことであり、世界の色が変わること!それを実感するたび、キュンとします。

MC
ここまでのステージを完璧にこなしたくせに、自分のファンだけで埋まった会場を見て感動と嬉しさが溢れているのが手に取るようにわかる健人くん。MCはとにかく、身がもたないと思うほどのかわいさの嵐でした。
特に初日、夏休みの話題で「仕事大変な人〜」と聞いたら案外手が上がったことから、休みがないの?有給が取れないの?などと考えうる「仕事が大変事例」を述べて(健人くんの中では仕事が大変=休みがない)一生懸命話しを聞いてくれて、元気にしてあげるから大丈夫だよと言ってくれたのを見て、ああこの人は今ほんとうにわたしたちの彼氏なんだ、と思えてしまって。
WSなどでは甘い言葉を連発、などといつもの「ラブホリ」の延長として紹介されていましたが、会場の「彼女」に向けてゆるりとお話しをしながら、自分の発言で大照れに照れてしまう健人くんは、今まで見たことのないふにゃふにゃのかわいい健人くんだったんですよ…。

11.Sexy Summerに雪が降る
会場に集まったファンが健人くんの伴奏で歌うというすてきなコーナー!なんだろう、昔の少女漫画の学校一の王子様(誰のものにもならない)が音楽室に女子を集めてピアノを弾いてくれているみたいな!すてきじゃないですか?!ここでも「上手でした」みたいに敬語で褒めてくれていたのが最高に紳士ケンティですてきでした!

12.らいおんハート
MCで「今日は健人くんの彼女なのだ」と自覚してから聴く「君を守るため そのために生まれてきたんだ」!いやほんとうに、不特定多数の「君」を守るために生まれてきてくれたんだと思います、健人くん。君はヒーローだよ!

Jr.コーナー
自分にもガツガツしたJr.の時代があったのだと説明し、みんなのことも見てくださいとお願い付きではじまるJr.コーナー。本当は自分だけを見てて欲しいけど、なんてお茶目に本音を言ってくれるものだから、かわいさで頭が割れるかと思いました。いや、本当に。

13.カレカノ!!
白シャツに細身のパンツ、ギターとスタンドマイク。直前に放送された少クラでみたときもなんて素晴らしいんだ!と思いましたが、実際見ても最高の最高でした。動きが制限されるからなのか、表情がいつもに増してかわいいし、マイクに縋り付くように歌う姿は色っぽい!

14.Mr.Travelingman

願うのなら望むのなら立ち止まらずに進もう
渡り歩くこの世界は時に厳しいけど
まだ見えないまだ知らない道がそこにあるなら
夢は生まれほんの少し僕を強くさせるよ

ああ、健人くん…と思いながら聴いていました。ソロコンサートで健人くん自身の選曲、試行錯誤を重ねて出来上がったセットリストだと思うと、どの曲にも意味を感じてそれぞれを大事にしたくなります。

15.レディ・スパイシー
「さらに虜になってしまう」の歌い方と、金管楽器が入った感じがオシャレですごく好きで、ソロコンでやってくれないかなぁと願っていました。ストレートに「こんな曲をやってほしい」なんて書いたら叶わない気がして、6月に書いた日記のタイトルは願掛けのように「君はなんてスパイシー!」にしてありました!叶った!嬉しい!
こんな風にやってくれたらかっこいいだろうなぁと思っていたものが、目の前で繰り広げられる感動といったら!

16.Cha-Cha-Cha チャンピオン
17.男never give up
18.King&Queen&Joker
19.Sexy Sumeerに雪が降る
20.バイバイDuバイ~See you again~
21.Real Sexy!
22.Lady ダイヤモンド
23.Sexy Zone

Sexy Zoneメドレー。初日、Cha-Cha-Chaがはじまって、踊れる!やった!という気持ちの他に「この選曲は大丈夫か健人くん」という気持ちがあり、続いてネバギバが流れたときは「これはもう絶対に叩かれる…」と絶望的な気持ちになりました。が、Duバイあたりでどんどん遡ってSexy Zoneの楽曲をやっているのだと気が付いて、そこからはもう健人くんが眩しくて。何曲も続けて1人でやっていても、Sexy Zoneとしてコンサートやテレビで見る健人くんと変わらないんです。自分を見にきたファンしかいない場でも、そうじゃない場でも、健人くんはずっと全力で健人くんなんだと思ったら、かっこいいやら誇らしいやら。たった1人でデビュー曲を歌う健人くんは、それまでの曲とは違う険しく凛々しい表情で。ああ健人くん、デビューのときはどんな決意でこの曲を歌っていただろうか、きっと想像もしない未来にきてしまったんだろうな、なんて考えてしまって。ソロコンサートでわざわざ時間を割いてグループのメドレーを一人きりで演る健人くんの痛いくらいのひたむきさに、めちゃくちゃに泣けてしまいました。

24.君にHITOMEBORE
25.Teleportation
26.BAD BOYS
この3曲は「はじめての◯◯」という括りで健人くんにとって特別なんだろうなぁと思いました。特にテレポははじめてのソロ曲で、18歳の夏に同じTDCからはじまったので。ソロ公演で、ひとりきりのノンストップメドレーをこなした後疲れも見せずに歌い踊る21歳のテレポ。確実に進化している健人くんがものすごく、かっこよかった。

27.ディア・ハイヒール
曲前、健人くんのこれまでの歩みを振り返るコーナー。ジャニーズに憧れを抱いた健人くん、オーデションの電話を受ける健人くん、ジュニアになった健人くん、それぞれの時代を繋ぐ薔薇の花。ここでの薔薇の花は、Sexy Zoneというグループを象徴するもので、小さな健人くんの未来がSexy Zoneに繋がっていたんだなぁとしみじみ思えるすてきなコーナーでした。
そして最後に薔薇の花束を持ってあらわれる健人くん。ここでの薔薇の花束は、会場のみんなの「彼氏」としての真摯な愛情表現で。彼氏だったら彼女に薔薇の花束を渡すのがすてきだって、健人くんは思ったんだろうな。
真っ白な変形のカーディガンが風にあおられてふうわりと舞って、真っ赤な薔薇の花束を持った健人くんが美しくて。TDCに舞い降りた天女!と思って見ていました。きれいだった。

28.Forever L(アンコール)
新曲はピリオドのない愛の歌!永遠に続く愛を求めている健人くん。タイトルがLoveでなくLなのも「終わらない愛」という意味なのかなぁ。
一般的に健人くんが言われるラブホリックは多分「恋愛中毒」という意味で、わたしとしては「ラブストーリーホリック」なだけだよドラマみたいなシチュエーションを愛しているだけだよと思ってきましたが、こんなにも愛に生きて愛を求めている健人くんを見て、この人は正しく「ラブ」の「ホリック」なんだなぁと。恋愛に限った「愛」じゃなく、優しい気持ちとか尊敬とか、健人くんが欲しいのは、世界から温かい気持ちで受け入れられることなのかもしれないなぁと、公演を通して思いました。

29.CANDY~Can U be my BABY~(アンコール)
ラブケンティって、キャッチーすぎる言葉だから意識しないけれど、愛してるよ健人くんっていう叫びなんですよね。健人くんに愛してるって言える時間があるって、本当に素晴らしいことだと思います。
「彼女」たちがどこを見たらいいかわからなくなるから、とずーーっとステージにいてくれた健人くんが唯一客席に降りる演出。もちろん、席によってはモニターでしか健人くんの姿は見えませんし、非常識な人もいたようなので危ないからやめて欲しいなと思う反面、こうやって健人くんに女の子が群がっている光景もスターらしくて、嫌いになれません。

初日はアンコールの後、健人コールがありました。もう一度出てきて欲しかったわけじゃなく、大好きだよという気持ちが健人くんに届いて欲しくて、何度も名前を呼びました。どんなに好きでも普段の生活の中で健人くんの名前を呼ぶ機会はほとんどないし、本人に届く場所で名前を呼べること自体がすごく幸せでした。みんなが健人くんを好きで、みんなが健人くんを求めていた、鳴りやまない健人コール。きっとずっと忘れないと思います。

健人くんのすべてに、胸がいっぱいになって愛しさが溢れて止まらなくなるソロコンサートでした。またこういう機会が持てることを願って。

こんなもんじゃないよもっともっと 輝けるはずさ

中島健人 コンサート

こんにちは、健人くんの彼女です。Sexy Zone A.B.C-Z Summer Paradise in TDC 「Love Ken TV」、初日と2日目の公演に参加してきました!
書きたいことがたくさんあるような、野暮だから何も書かずに心に仕舞っておきたいような。そんな気持ちを行ったり来たりしていて、ソロ公演で感じたことをなかなかひとつの記事としてまとめることが難しく、時間ばかりかかってしまいました。

入所7周年の記事にも少し書きましたが、わたしにとって健人くんは「語るなんて野暮」で、「見て感じるものが全て」であって欲しい存在です。オタクが、思い込みを多分に含んだ湿っぽい語りで煽らなくたって、健人くんを見ていれば絶対に心が動くはずだと信じているからです。

ただ、長く続く不安定な体制の中、「ファンとの相互関係がなかったらこの仕事を続けていない」とまで言い切る健人くんが、イベントやコンサートといった本来愛されるはずの場で「自分たちのファン」から受けた冷たい視線や、ネット上を飛び交う心無い言葉の数々。そういう棘のひとつひとつが、ステージに立つのが怖いと思ってしまうくらいに健人くんの心に大きな傷を残してしまったのではないかと、本当はずっと心配でした。

健人くんのことが大好きだからここにいるんだよという気持ちが少しでも伝わって、健人くんが安心できる空間になってほしい、そんな気持ちで挑んだソロ公演は、こちらからもたくさん愛を伝えられたかわりに、健人くんからも精一杯の誠実な愛をもらってしまいました。

このソロ公演に参加した多くの方が「健人くんの彼女」という設定を受け入れられたのは、健人くんが「彼女」という言葉に込めた「最大級に愛しい存在」という意味が、正しく伝わったからなのだと思います。シンプルな衣装にダンスと歌声だけで、会場の隅々まで本気で愛を届けようとしてくれていた健人くんは正しく素敵な「彼氏」だったし、相思相愛のわたしたちが過ごしたあの幸せな時間は正しく「デート」でした。

素敵な彼氏でありたくて、真っ赤な薔薇の花束を持って愛を伝えにきてくれた、照れ屋で愛されたがりの健人くん。4日間6公演の「デート」で見せてくれたかわいいくせにかっこよくて頼もしい「彼氏」の顔が時間が経ってもわたしたちを幸せにしてくれているように、目一杯愛された記憶が、いつかどこかで健人くんの支えになってくれたらと思います。