読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Sugar, spice and everything nice.

強くてかわいい正義の味方。みんなのアイドル、中島健人!

祝♡連載1周年 キミと暮らせたら。まとめ

Myojo2015年5月号からはじまった健人くんの連載「キミと暮らせたら。」が先月号で12回目を迎えました!
そこで今回思い立って、各回のタイトルとそこに添えられた文章、健人くんからの直筆メッセージの内容(斜体になっているのがメッセージ本文、括弧内はメッセージがどのように書かれていたか)をまとめてみました!

LIFE1 キミと暮らす家を決めた(2015年5月号)

恋する王子・中島健人が、彼女とのふたり暮らしをテーマに連載をスタート!実際に部屋を借り、家具も何もないところから物語は始まります。健人が語る"キミ"は、もちろんあなた。ひとつ屋根の下、健人とふたりで妄想しちゃお♡

毎日壁ドン
From健人

(フローリングの床に置いたメモ用紙に)

LIFE2 ふたり(2015年6月号)

大勢でワイワイするのも楽しいし、ひとりでいるのもわりと好き。だけど、どんなときでも気持ちを半分コできる"ふたり"って、ちょっと幸せ。一歩前進した生活に、ふたりのキョリを縮める小さなソファが仲間入りしました。

おかえりは
俺にだけ
言えよ。
From健人

(ソファに置かれたメモ用紙に)

LIFE3 ルール(2015年7月号)

オーダーしていたカーテンが届いて、なんだか気分のいい休日。そろそろ家事分担を決めないとね。窓ガラスを磨きながら、今日は、ふたりのルールについて考えてみよう。

君へ
優しい嘘をついて。
健人

(カーテンに貼られたメモ用紙に)

LIFE4 ケンカ(2015年8月号)

ふたりの部屋に、新しい家具がやってきた!うきうき気分のはずなのに、いつのまにか不穏な空気がただよっていて…。暮らし始めて初のケンカ、ぼっ発!?

君へ
Que bonita!
健人

(テーブルに置かれたメモ用紙に)

LIFE5 お買い物(2015年9月号)

とある土曜日。「今日、どっか行く?」という健人の提案で、部屋に置くアイテムをそろえるべく、インテリアショップへ出かけることに。ひさしぶりのお買い物デート♡ふたりの物欲は高まるばかり!?

洗濯物
頼む!!

(タオルの入った籠の中に置かれた吹き出し形のメモ用紙に)

LIFE6 夏の庭(2015年10月号)

健人がこの部屋で暮らすことを決めた理由のひとつが、大きなベランダ。近所のホームセンターで鉢や棚を買い、どんな植物を育てるか吟味して…。幼いころからずーっとあこがれていた、庭づくりに挑戦です。

今日のデスノート
録画しといて
健人より

(ベランダ菜園のバジルの葉っぱの間に置かれたメモ用紙に)

LIFE7 ごはんの時間(2015年11月号)

毎日の生活に欠かせない食事。今日は健人が、あなたに男の手料理をふるまいます!はたしてそのお味はー?

男の味、どうだった?
もっと料理頑張るから
もっと一緒にいようね。

(冷蔵庫の扉にマグネットで貼られたメモ用紙に)

LIFE8 秋の夜長のナイショ話(2015年12月号)

季節はうつろい、健人の家にも、しんと静かな秋の気配。寒い夜は、ふたりでふとんにくるまって、眠くなるまで、おしゃべりしよう。

いろいろ話したけど
今が一番、幸せだから。
健人より

(吹き出し形のメモ用紙に)

LIFE9 ふたりで過ごすクリスマス(2016年1月号)

ふたりで暮らし始めて、初めて迎えるクリスマス。パーティー好きな中島家でつちかわれた"おもてなし力"で、健人がサプライズ満載のステキな一夜を贈ります。

あいしてる
ずっとずっと けんと

(パズルになっているサンタブーツ形のクリスマスカードに)

LIFE10 ほっこりバスタイム(2016年2月号)

お風呂場から、健人の呼ぶ声がする。「ごめん、ちょっとタオル持ってきてくれるかなー?」脱衣所にタオルを届けながら…チラッ。ヒミツのバスタイムをのぞいちゃお!

明日は
一緒に
入る?笑

(お風呂の鏡に)

LIFE11 手作りバレンタイン(2016年3月号)

今日はバレンタイン。ふたり暮らしだからって油断している健人をビックリさせたくて、台所でコソコソとチョコを手作り。サプライズは成功するかな?

来年も

(ハート形のチョコプレートに、チョコペンで)

LIFE12 お仕事モード(2016年4月号)

健人の主演映画『黒崎くんの言いなりになんてならない』が2月27日に公開!撮影期間中は役にのめり込むタイプの健人。話かけてもどこか上の空で…。でも、一生懸命な横顔を見つめられるのも、ふたり暮らしの醍醐味だよね。

チューして
起こして!

(台本の表紙に貼られた付箋に)

これだけ読むと、「ラブホリックなんです」という一言が恋愛バーチャル番組にまでなってしまった健人くんらしい、夢小説のような内容に見えますが、実際はテーマに沿って健人くんが子どもの頃のことだったり、家族や友達とのエピソードであったりを"キミ"にだけそっと打ち明けてくれるような内容になっています。

大人になってからは、暗闇の中で星空を楽しめるようになったけど、子どもの頃は田舎の暗闇が本当に怖くてさ。夜道を歩くときはいつも、「勇気をくれ!!」とウルトラマンの人形を握りしめながら、半泣きで前に進む、みたいな。
(LIFE6 夏の庭 より)

キュンとしませんか?????
インテリアショップで買ったマグカップやスリッパがその後もちゃんと登場したり、育てていたバジルで料理を作ってくれたり、連載の中できちんと「ふたりの時間」が流れているところも丁寧に作っていただいてありがたいですし、テキストだけじゃなく写真もやわらかい雰囲気で毎回本当にいいんです!
恋人同士が少しずつお互いを知って愛を育んでいくように、健人くんを知ることができる本当にすてきな連載です。